Last Updated on 2024年2月3日 by admin

寒い冬の時期に受けたい八丁堀出張マッサージ
とっても寒い冬の季節は、体が硬くなりますし、足が冷えたり、肩もこりやすくなります。寒いことで血行が悪くなったり、腰痛にもなりやすいのです。体のメンテナンスが最も必要な時期と言えますが、おすすめしたいのが八丁堀出張マッサージです。寒いときほど家から出たくなくなりますし、外に出ていれば早く帰りたいという気持ちになります。店舗でのマッサージを受けるとなると、外に出ていくこと、時間がかかること、着こんで外に出ることのストレス、悪天候であれば、まず止めておこうとなります。でも出張マッサージであれば、いつでも依頼することができる、自宅で待っているだけという本当に嬉しいサービスです。

出張マッサージの良いところは、店舗と変わらないハイクオリティなマッサージを受けることができること、さらに施術が終わったあとに、体の状態やアフターケアなどのアドバイスを受けることができることです。自分の体の事に関して、客観的な視点での観察やカウンセリングを受けることで、よりいっそう体調を整えやすくなります。
店舗と変わらないハイクオリティなマッサージを受けることができる

堀の長さにその名を由来する中央区八丁堀

テレビドラマの時代劇で有名な八丁堀は、中央区のほぼ中央に位置しています。町名の由来は、江戸時代初期の1624年から1644年にかけて造られた堀の長さが八町(丁、約870メートル)あったためと伝えられています。この堀は京橋川から隅田川に通じる舟便用のために掘られたものです。八丁堀の地域は京橋川の下流の白魚橋から東側の川筋周辺に当たります。

八丁堀一帯は寺院と武家屋敷が建ち並んでいましたが、元禄年間(1688年~1704年)に町奉行所の与力や同心(約300人)の組屋敷が設けられます。町奉行所の与力は町人から「八丁堀の旦那」と呼ばれ、畏れられる存在でした。

なお、明治に入って堀は桜川と改称されますが、昭和40年代に一部を残して埋め立てられます。

現在の八丁堀は商社や印刷工場などの中小のビルが軒を連ねるオフィス街になっています。周辺には勤め人をターゲットにした飲食店やバル風居酒屋が数多くあります。また、「桜川公園」や「隅田川テラス」といった緑豊かな公園が設置されています。

なお、JR京葉線と東京メトロ日比谷線の八丁堀駅があり、東京駅や銀座駅は徒歩圏内です。

トップに戻る